PA080169 (2)

失禁や更衣の拒否でデイに行けず、ご家族が困惑【ありがとうデイの家】

トイレでの排泄が増え、更衣介助を必要としなくなり、介助がスムーズに!

D氏(70 代 男性 要介護度3)
D氏は、夜間・日中ともに失禁がありました。失禁が増えたことから、ご自宅でのご家族の排泄介助の負担が増加していました。また、ご家族が朝の更衣をされようとすると、D氏は暴言や暴力を振るわれ、更衣を拒否されていました。

ご家族は、D氏が失禁したままや更衣ができていない状態ではデイへ行かせられないと思い、どうすれば失禁が減り、更衣ができるのか、困っておられました。

実施前

失禁や更衣の拒否でデイに行くことができず、ご家族の負担が大きい

夜間・日中ともに失禁があり、暴言や暴力により朝の更衣が困難な状況でした。

ご家族は失禁したままや更衣ができていない状態ではデイに行かせられないと思い込まれており、ご家族の負担がかなり大きくなっていました。また、ご家族の焦る気持ちが、D氏をより興奮させてしまっていました。

訓練内容

デイが対応可能なことをご家族に伝える

  1. 失禁しており、更衣ができていなくても、デイ側は受け入れ可能であることを伝え、失禁したままでも利用を開始しました。
  2. ご家族の「絶対にしなきゃ」という思いをなくすため、デイで何とかすることを伝えました。また、デイへの送り出しのために、ヘルパーを活用している人もいることを伝え、ご家族の負担軽減につながる声かけを行いました。

排泄の間隔・更衣を拒否するポイントを確認

  1. デイ利用時に、排泄の間隔・タイミング・発言・行動などを確認しました。失禁しないための声かけのタイミングなどをご家族にも伝え、ご自宅でも実践していただきました。
  2. 更衣の際の拒否するポイント・行動・発言を確認しました。
  • 適切な声かけでトイレで排泄する回数が増加
実施後

失禁が減ったことで更衣の拒否も減り、ご自宅での介助もスムーズになった

失禁回数が減り、トイレで排泄する回数が増えたことで更衣を必要としなくなりました。それに伴い、更衣への拒否が自然と少なくなり、「朝の更衣がスムーズになりました」とご家族から報告がありました。

また、ご家族に介助のポイント・工夫を伝達することで、介助がスムーズになったようです。負担が軽減したことでご家族の気分にも余裕が生まれ、ご利用者の暴言や暴力もなくなりました。