ありがとうグループホームが『リビングオブザイヤー2017』 大賞を受賞しました!!


『リビングオブザイヤー2017』
ありがとうグループホームが大賞を受賞いたしました!

ご利用者主体の介護が高評価!

 

10月13日(金)リビングオブザイヤー最終選考が東京「日経ホール」にて行われ、部門最優秀賞を受賞した8施設が最終プレゼンを行いました。
ありがとうグループホームはコストパフォーマンス部門ファイナリストとして登壇し、見事大賞を受賞しました。

 

 

日頃の取り組みを発表

ありがとうグループホームのプレゼンでは、認知症ケアに適した環境設定を行っていることや手厚い職員配置、研修制度などを紹介し、
施設全体でご利用者主体のケアに取り組んでいることを発表しました。
受賞を受けて、管理者の神尾 功雄 氏は「これまで、ありがとうで『当たり前』のケアだと実施してきたことが外部の方に評価され、このような賞をいただけたことに、大変感動しています。
これからも賞に恥じないありがとうグループホームを、スタッフみんなで作り上げていきたいです」と語りました。

皆さんの声に支えられて

ありがとうグループホームは今年で開設13年目を迎えました。たくさんの出会いとお別れがあり、多くの方から「ありがとうで良かった」とお言葉をいただきました。
自分たちのケアに自問自答する毎日ですが、これからもご利用者、ご家族の「ありがとう」を励みに邁進していきたいと思います。