残存能力を活かし、自発的な活動が生まれた夏カフェ【デイの家】

デイの家では、中重度の方でもイベントに参加できるようにアプローチを行っています。複雑な作業が難しい方も、横でスタッフの作業を見ながらであれば可能な方もおられます。ご本人のできることに着目して、作業を分担して参加を促しています。
8月の夏カフェでは、ポプリやハーバリウムのプレゼント、看板などをご利用者に作っていただきました。ポプリは目が見えにくい方でも、嗅覚で感じながら取り組むことができました。また、子どもたちを招待したことで、自ら綿菓子やヨーヨー釣りの風船を配ってくださるなど、自発的な活動も生まれました。
ご利用者の力を引き出せる発見を今後も目指していきたいと思います。

 

デイの家の詳細はこちら