arch
photo

ホーム > ありがとうについて

  • image
  • ごあいさつ

QOLサービスの法人理念は「感動を生むサービスの提供」です。

感動を生むサービスを提供するために必要なことはなんでしょうか?

少し、考えてみてください。

色々の要素が有るかと思いますが、私は、感動を生むサービスを提供する為に、以下の3点が必要だと思います。

① 自分自身の感動する心を育てること

② 相手に感動してもらいたいと思うこと、相手を感動させるぞという気持ち

③ 相手の想像を上回るサービスを提供すること

この3点です。
これから、この3つを大切にし、この3つを実現して下さい。

そのためには、

相手の立場になって考えること、

色々な視点から柔軟に考えること、

自分から動くこと、

仲間と協力していくこと、

そして、自分自身を信じ、裏切らない事が大切です。


あなた自身が「輝く貴方」になって、

輝く仲間を大切にして、

あなたの家族・ご利用者・ご家族・関わる皆様の

輝く人生を応援していってください。



胸を張って誇れる仕事をし、胸を張って誇れる職場を作っていきましょう。



貴方は、素晴らしい力をもっています。

貴方の力は無限です。

貴方の未来も無限です。



一人でも多くの方に、一つでも多く、少しでも深い感動を生み出していきましょう!


目の前の1人に、明日の10人に、そして、これからかかわる1万人に、
多くの感動を提供していきましょう!


それは、貴方の感動から始まります。


輝ける皆様へ

(株)QOLサービス代表取締役
総合介護施設ありがとうグループ総施設長
妹尾 弘幸
  • image
  • ありがとうについて

image

ありがとうの理念

ありがとうの理念は「感動を生むケアの提供」

介護の使命は、本人のQOL(生命の質・生活の質・人生の質)を高めることです。人は単に生命体として生きているわけではありません。たとえ、介助が必要な状態になっても、日々の暮らしの中で自分らしく、活き活きと生きていくことが大切だと考えています。

そのために、少しでも多くの感動を感じていただけるサービスを提供し、ご本人の生活・人生の中でより多くの感動を生み出せるようなケアを提供していきたいと考えています。

image
image

ありがとうは
こうやって生まれた

ありがとうは、
福山市春日町で2004年に産声を上げました。

「ありがとう」は、感謝の気持ちを表す日本語の中でも特に美しい言葉です。その語源は、「有り難し」という古語からきており「めったにない、貴重なこと」の意味を有しています。

日々かかわるご利用者との出会いを「めったにない貴重な出会い」と考え、「その出会い」と「ご利用者からさまざまなことを学ばせていただくこと」に感謝し、『ご利用者に「ありがとう」と言えるかかわりができること』を大切にしたいという意味を込めて、施設名を「ありがとう」と名付けました。

image

日本一の介護を提供するために

地域に貢献し、日本だけにとどまらず国際的な介護のリーダーシップを取るべく、常に新しい仕組み、サービスの創出・提供を心がけます。

そのために、職員も人間性を高め、質の高い介護提供を実現していきます。また職員個人だけでなく、チームや法人全体としての能力も向上させ、本人・家族・地域のニーズを把握し、柔軟な思考で効果的・効率的な仕組み、プログラムを構築していきます。

ありがとうの有資格者数

質の高い介護を目指し、職員の資格取得を徹底しています。

2017年4月1日時点
image
image

人員基準の2倍の人員
不安のない介護を目指して

国が定めている人員基準の1.5~2倍の職員を配置しており、ご利用者お一人おひとりへ落ち着いたケアができる体制を整えています。

image